映画シーン『プラダを着た悪魔』的な電話対応① 英語学習

映画『プラダを着た悪魔』シーン別 での英語学習・セリフ解説です。

なお、映画『プラダを着た悪魔』 の概要、基本情報などはご興味があれば以下の記事を参照ください。

スポンサーリンク
目次

セリフ解説:エミリーのレクチャー【電話対応の関連用語】

収録時間: 00:13:09 ~ 0:13:41

今回は、主人公アンドレアが、先輩アシスタントのエミリーから一流 ファッション雑誌『ランウェイ』での電話対応を教わるシーンです。

Answer the phone

【台詞
Emily :
Okay. First of all, you and I answer the phones. The phone must be answered every single time it rings.

【和訳】
エミリー
『いい、まず初めに、電話はあなたと私がとるのよ。毎回鳴ったら、必ず取らなきゃダメ』

First of all:まず最初に

of all とあることからもわかるように、「何よりまず初めに」、「まず第一に」といった強調、重要であることを含意した表現です。

first を使った似た表現では、ほかに firstat first があります。( first はそのままですね…)

First:最初に

文頭にfirst を使うと、第一に、第二に、そして、その次は … と順を追って物事を話していくニュアンスになります。例えば、上のセリフで First of all を First に置き換えて

First, you and I answer the phones.

と言われたとすると、「じゃあ、電話をとったあと、2番目として何かすることがあるのかな?」と順番を自然と意識する感覚になります。

Firstly も First と同じ意味ですが、こちらはフォーマルな表現です。

at first :初めは

こちらは、「初めの時点では … だったけれど、でも実は ~ 」といった、その後に別の展開があるようなときに使われる表現です。First of all や First とはニュアンスが大きく違いますから誤用に注意しましょう。

At first I didn’t like her, but now I do.
初めは彼が好きじゃなかったけど、今は好きです。

answer the phone:電話に出る、電話の応対をする

「電話に出る/応対する」の一般的な表現です。他にget the phone, pick up the phone, take a phone などなどありますが、これらはかかってきた電話に応対をするというよりは、受話器・電話機を上げる、という動きの方に重点があります。

また、「電話が掛かってくる」(リンリンと着信が鳴る状態)のことは次のようになります。

every single time:毎回毎回 … するたびに

every を single で強調した表現です。every time (毎回) を強調してevery single time で「毎回毎回 … するたびに」となるわけです。

他に single は最上級も強調します。

Motivation is the single most important factor in any sort of success.
動機づけが成功のまさに最も重量な要因だ

single : まさに、唯一の

といったニュアンスとなります。

※ single と ring が近くにあるからといって、もちろんこのセリフは「着信音の1回目で電話を取る(ワンコールで電話に出る)」という意味ではありません。

ちなみに 「着信音の1回目で電話を取る(ワンコールで電話に出る)」 は

answer the phone on the first ring最初の着信音で電話に出る

のように on the first ring という言い回しです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる