映画『フォレスト・ガンプ』を観て英語学習

スポンサーリンク
目次

作品概要

知的障害を持つ青年フォレスト・ガンプの視点からアメリカの時代を切り抜いた心温まるヒューマンドラマ。困難な事があっても母親の教えからいつも前に踏み出していくガンプを見ていると前向きな気持ちになります。
ガンプとはある意味、対照的な人生を歩む登場人物ジェニー。映画を見る側の人間が、自分に重ね合わせ共感(もしくは反感)を抱くのは実はジェニーや、戦場での上官ダン中尉の生き方のほうかもしれません。二人ともそれぞれの道筋を辿って、取り巻く世界に翻弄されながら変わり続けて、最後には自分達なりの結論のようなものを見つけていきます。
知的障害を背負ったガンプの透徹した神様のような視点から、周囲の人々が描かれ、暖かくもありシニカルな作品です。

“人生は食べてみなければわからない、チョコレートの箱と同じ”―――アメリカの激動する歴史を駆け抜けた、トム・ハンクス演じる青年フォレストの青春を暖かい感動で描いて、アカデミー賞(R)作品賞ほか6部門を独占した映画史に残る名作

出典:Amazon
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる