洋楽『Virtual Insanity』歌詞・和訳で 英語学習

洋楽『Virtual Insanity』歌詞・和訳で 英語学習

『Virtual Insanity』 (ヴァーチャルインサニティ)

『Virtual Insanity』 (ヴァーチャルインサニティ)は、1996年にリリース。イギリス出身のジャミロクワイによる曲です。ジャミロクワイはバンド名、かつ、そのボーカルのジェイ・ケイのステージネーム(芸名)だそうです。バンドは、ジェイ・ケイのみのソロユニット。上のYoutube動画の床が動くなかでダンスをするミュージック・ビデオは有名ですし、日清食品のカップヌードルのCMにも使用されていましたね。
それから、この曲は札幌の地下街での体験から着想を得ているそうです。ホントに? と初め驚いたのですが、Youtubeにもその事が語られた東京ドーム公演の動画が今も上がっています(こちらの36:10~で話しています)。日本の街と縁があったとは、ちょっと不思議な気分ですね…。

※ この記事は歌詞を一部引用しており、歌詞全文は載せていません。

歌詞全文はこちらをどうぞ。 ⇒ リンク1 / リンク2

歌詞・和訳 『 Virtual Insanity 』

■ イントロ [Intro]

World we’re living in?
Let me tell ya

和訳
『僕らが住んでる世界だって?』
『教えてあげるよ』

Let me tell you:聞いてください、言わせてください

※重要な事、驚くような事を言う前などに使われる表現です

ya:= you

you のほかにも ya は、 yes, your, などの意味にもなるスラング。ヒップホップ、ラップなどでは頻出しますね。

■ Aメロ1 [Verse1]

And it’s a wonder man can eat at all
When things are big that should be small
Who can tell what magic spells we’ll be doing for us

和訳
『でさ、驚いたことに、人間はとにかく食べちゃうんだ』
『ホントは些細な事が大ごとになっちゃうとね』
『自分自身にどんな魔法をかけているかなんて誰が分かるって言うのさ』

And it’s a wonder man can eat at all
「でさ、驚いたことに、人間はとにかく食べちゃうんだ」

急に and から始まりますが、and は文頭でも使用されます。アナウンサーなどが話題を変えたり、本題に入るときに使うような用法で、「さて」、「では」、「じゃあ」といった意味になることがあります。また、他にも意外な事、驚きを表して「ほんとに」、「それで」といった意味で文頭にくることもあります。上記の歌詞はこれらどちらかの用法と思われます。

あと、文頭に and をつけて、前の話に続けて、「それから」、「それどころかさらにね」のような表現となることもあります。

この曲ではこのような and の用法が多用されているともとれます。

at all :(肯定文の場合)とにかく、絶対に、無条件に

Who can tell what magic spells we’ll be doing for us
「 自分自身にどんな魔法をかけているかなんて誰が分かるって言うのさ 」

ここでの tell は「分かる、見分ける」という意味での用法ですね。この場合、この歌詞のように can や could を伴います。

And I’m giving all my love to this world
Only to be told
I can’t see
I can’t breathe
No more will we be

和訳
『僕はすべての愛をこの世界に捧げてるんだ』
『でも結局、思い知らされるだけ』
『僕には何も見えないし』
『僕は息もできない』
『これ以上は皆、無理だよ』

And I’m giving … から始まって、I can’t breathe までがひと続きの文になると思います。つまり、つなげると以下になります。

And I’m giving all my love to this world, only to be told (that) I can’t see (and that) I can’t breathe.

only to は不定詞の用法のうち「結果」を表すものでしょう。

…, only to : 「… 、しかし結局 ~ というだけだった 」

という意味になります。「愛を捧げても、結局、何も見えず、息もできずだ」そして、「それ以上はどうしようもないよ」(No more will we be)というわけです。

■ Bメロ1 [Pre Hook1]

And nothing’s going to change the way we live
‘Cause we can always take, but never give
And now that things are changing for the worse

和訳
『それにさ、何も僕らの生活を変えたりしない』
『だって、いつも奪うだけで与えないのだから』
『そうして今や物事は悪いほうに変わっていくんだから』

And now that things are changing for the worse
「そうして今や物事は悪いほうに変わっていくんだから」

now that : 今や … だから

for the worse:悪い方向に、いっそう悪く

for the worse はこの歌詞のように change と一緒に使われることがあります。

See, Whoa, it’s a crazy world we’re living in
And I just can’t see that half of us immersed in sin is all we have to give these

和訳
『ほらね、イカれた世界なんだよ、僕らが住んでいるのは』
『だからよく分からないのさ、罪に塗れた僕らの半分がこんなのに捧げられなきゃならないってことがね』

And I just can’t see that half of us immersed in sin is all we have to give these
「だからよく分からないのさ、罪に塗れた僕らの半分がこんなのに捧げられなきゃならないってことがね」

ここの部分は最後の these が次に続くサビの歌詞に掛っていると思います。ですので、全てつなげると以下です。

And I just can’t see that half of us immersed in sin is all we have to give these ( futures made of virtual insanity )
「だからよく分からないのさ、罪に塗れた僕らの半分がこんな (事実上の狂気で造られた未来に ) 捧げられなきゃならないってことがね」

また、 half of us immersed in sin ( 罪に塗れた僕らの半分 ) の half は具体的には何に対する half なのでしょうね? 僕ら = 世の中の人間の半分が罪にまみれて、半分は全然 罪に塗れてない、という意味なのか。それとも 世の中の人間の一人ひとりの半分が罪まみれているのか。
前述の歌詞で、Who can tell what magic spells we’ll be doing for us ( 自分自身にどんな魔法をかけているかなんて誰が分かるって言うのさ ) ともあるので、区別して分けられるようなものでないとすれば、後者、つまり、 世の中の人間が一人ひとりの半分が罪まみれている ということのように思えます。

all we have to give these

ここは上記で「こんなのに捧げられなきゃならない」と訳しましたが、直訳して「僕らがこれらに与えなければならない全て」となるものの表現を変えています。この場合、all を give の直接目的語 (SVOO の後ろのO) と捉えています。

immerse:浸す、つける

■ サビ [Hook]

Futures made of virtual insanity
Now always seem to be governed by this love we have
For useless, twisting, other new technology
Oh, now there is no sound
For we all live underground

和訳
『事実上の狂気で造られた未来』
『今それは僕らの ”この” 愛でいつだって支配されてるみたいだ』
『役立たずで歪んだ別の新しい技術へのね』
『ああ、物音ひとつしない』
『皆、地下で暮らしているのだから』

Futures made of virtual insanity は、直前の形容詞 these に掛けられていると見て give の間接目的語 でもありますし(give these futures made of virtual insanity)、後にくる seem の主語にもなっています。seem の主語とした場合、other new technology までが一連の文となっていて、以下です。

Futures made of virtual insanity now always seem to be governed by this love (that) we have for useless, twisting, other new technology.

※ this love は we have 以降の関係詞節で修飾されています。

virtual:事実上の、仮想の

この「事実上の」と「仮想の」は、捉えようによっては真逆の意味に思えるかもしれませんが、この言葉の前に、「まるで」や「ほぼ」とつけてみると分かりやすと思います。

まるで事実上の現実、まるで事実上の人間、まるで事実上の …

(表面上、名目上 あるいは、厳密には違うが)事実上の、実質上の

といった意味合いになります。

IT・コンピュータ分野で、仮想現実 (バーチャルリアリティー)、仮想メモリ、仮想サーバー などなど、日本語としても、仮想 (バーチャル) という言葉をそのまま耳にする機会が増えたこともあって、逆に 上記の「事実上の」というニュアンスが捉えずらくなっているので、注意しましょう。

insanity:狂気

govern:支配する、管理する

For we all live underground
「皆、地下で暮らしているのだから」

For は接続詞で 「… だから」というふうに理由を導きます。この用法はやや固い表現で口語ではあまり使われることが少ないようです。

■ Aメロ2 [Verse2]

And I’m thinking what a mess we’re in
Hard to know where to begin
If I could slip the sickly ties that earthly man has made

和訳
『それで、僕らが真っ只中にいるひどいゴタゴタが何なのかって考えてるんだ』
『どこから始めていいかわからないや』
『俗物どもが作った病んだ絆から逃れることができればいいのに』

what a mess we’re in
「僕らが真っ只中にいるひどいゴタゴタ」

what は疑問形容詞で「何てすごい」、「何てひどい」という意味合い。

mess:混乱、ゴタゴタ

If I could slip the sickly ties that earthly man has made
「俗物どもが作った病んだ絆から逃れることができればいいのに」

こちらは主節のない if節 で願望を表しています。この歌詞のように could や would を共に使うと未来への願望を表します。if only … と only をつける場合もあります。

※主節を if節 の前後の文と考えるのは文脈から難しいと思いますが、いかがでしょう?

slip :(束縛などを) 逃れる、(結び目などを) ほどく

sickly:不快な、病弱な

tie:結び目、絆

earthly:世俗的な、この世の

And now every mother can choose a colour of her child
That’s not nature’s way

和訳
『そして今じゃ母親は皆、子供の肌の色を選べるんだ』
『そんなの自然なことじゃないよね』

■ Bメロ2 [Pre Hook2]

Well that’s what they said yesterday
There’s nothing left to do but pray
I think it’s time I found a new religion

和訳
『ええと、そんなふうに奴らは昨日言っていたんだ』
『もうただ祈るしかないよ』
『そろそろ新しい宗教を見つける時かな』

that’s what they said yesterday
「そんなふうに奴らは昨日言っていたんだ」

ここの that は前出の ”every mother can choose a colour of her child” を、they は ”一般の人々” を指していると思いますが、解釈は色々あるかもしれません。

There’s nothing left to do but pray
「もうただ祈るしかないよ」

nothing but: … だけ、 … のみ

この歌詞では、nothing を left to do で修飾して、nothing left to do but … (… だけしか、することが何も残っていない) となってます。

Whoa, it’s so insane to synthesize another strain
There’s something in these futures that we have to be told

和訳
『もう正気じゃないよ、異なる種を合成するなんて』
『こんな未来には、語られなければならない何かがあるよ』

insane:正気でない、狂気の

insane の名詞形が insanity (狂気) です。

synthesize:合成する

strain:種族、血統

■ サビ [Hook] × 1

■ Cメロ [Bridge]

Now there is no sound
If we all live underground
And now it’s virtual insanity
Forget your virtual reality
Oh, there’s nothing so bad
Ain’t so bad, happiness
Oh yeah, I know yeah

和訳
『物音ひとつしない』
『僕らが皆、地下に住めば』
『それはもう事実上の狂気だよ』
『君にとっての事実上の現実なんて忘れてしまいなよ』
『ああ、そんなに悪くないさ』
『悪くないさ、幸せさ』
『そうさ、僕は知っているんだよ』

Forget your virtual reality
「君にとっての事実上の現実なんて忘れてしまいなよ」

ここでの reality は insanity と対比とさせて、自分以外の誰かの ( 君の = your ) 思っているような現実 ( virtual reality ) に疑問を投げかけているのかと思われます。

■ サビ [Hook] × 1

■ エンディング [Outro]

Oh, now this life that we live in
It’s all so wrong
Out of the window
You know that there is nothing worse than a man-made man
Still there is nothing worse than a foolish man
Virtual insanity is what we’re living in
Yeah, the world is all I have

和訳
『ああ今、僕らの暮らすこの生活』
『全部間違ってるよ』
『問題にもなりやしない』
『知ってるだろ。人に造られた人間ほど悪いものはないさ』
『愚かな人間ほど悪いものはないさ』
『事実上の狂気が僕らが住んでいる所さ』
『そうさ、世界は僕のすべてなんだ』

Out of the window:(出来事が) もはや問題にされないで、考慮に入れられないで

man-made:人造の、合成の

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました