映画シーン『プラダを着た悪魔』的 ファッション誌 業務① 英語学習

映画『プラダを着た悪魔』シーン別 での英語学習・セリフ解説です。

今回は、劇中の一流ファッション雑誌『ランウェイ』の業務のシーンです。

なお、映画『プラダを着た悪魔』 の概要、基本情報などはご興味があれば以下の記事を参照ください。

スポンサーリンク
目次

セリフ解説:撮影用にスタッフが準備した服へのダメ出し

収録時間:  00:21:48 ~ 0:22:20

撮影前の服のチェックで、鬼編集長 ミランダがスタッフに指示するシーンです。

主人公アンドレアが食堂でクラムチャウダーを服にこぼしたあと、駆けつけてくる辺りです。

ファッション誌の仕事ではあるけれど、一般の業務でも使うことができる表現が多くあります。

長くなったので、まずは途中までです。

I’ve seen all this before

【台詞
Miranda :
No. And I’ve seen all this before.
Woman :
Theyskends is trying to reinvent the drop waist, so actually it’s…

【和訳】
ミランダ:
『だめよ。それに、こんなのすべて前に見たことがあるわ』
女性:
『ティスケンスは、ローウェストを新たに考案しようとしているので、実際のところ…』

And I’ve seen all this before.
「それに、こんなのすべて前に見たことがあるわ」

文頭の And は、前の言葉 No (だめよ) に続けて、「それから」、「それどころかさらにね」という意味となる用法があります。

また このセリフの、 I’ve seen all this before. (こんなのすべて前に見たことがあるわ) 、このような完了形の使い方も覚えておくと、普段の会話で役立ちそうですね。

Theyskens is trying to reinvent the drop waist
「ティスケンスは、ローウェストを新たに考案しようとしている」

Theyskens

オリヴィエ・ティスケンス (Olivier Theyskens 1977年~) 。ベルギー出身のファッションデザイナーで、1998年のアカデミー賞でマドンナがティスケンスの服を着たことで一躍脚光を浴びたそうです。ググって頂くとわかりますが、イケメンです。

reinvent:新たに考案する、再発名する

drop waist:ローウェスト

ローウェスト。つまり、ウェストラインが標準より低いデザインですね。日本では「ローウェスト」ですが、英語では「ドロップウェスト」( drop waist ) と呼ばれます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる