映画『マトリックス』を観て英語学習 …預言者との会話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次

作品概要

ハッカーとして名を馳せる主人公ネオが自分のいる世界が仮初めの現実ということを知る…。

彼とその仲間たちによる仮想世界からの解放の戦いを描くSFアクション。物語各所に仄めかされた断片が、見事にラストシーンに紡がれる展開に引き込まれていくこと間違いなしです。

また、香港カンフー映画風のワイヤーアクション、高速アクションのスローモーションでの演出(「バレットタイム」被写体の周りを複数台のカメラで囲って撮影する手法)も見どころです。

基本情報

アメリカ映画 1999年公開 (136分)

原題:The Matrix

舞台:近未来・仮想現実

出演:
キアヌ・リーブス (ネオ(トーマス・A・アンダーソン))
ローレンス・フィッシュバーン (モーフィアス)
ヒューゴ・ウィーヴィング (エージェント・スミス)
ほか

コンピュータプログラマーとしてニューヨークの企業で働くネオ。凄腕ハッカーという別の顔を持つ彼は、最近 “起きてもまだ夢を見ているような感覚”に悩まされていた。そんなある日、自宅のコンピュータ画面に、不思議なメッセージが届く…「起きろ、ネオ」「マトリックスが見ている」「白うさぎの後をついていけ」。正体不明の美女トリニティーに導かれて、ネオはモーフィアスという男と出会う。そこで見せられた世界の真実とは。やがて、人類の命運をかけた壮絶な戦いが始まる

出典:Amazon
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる