映画『ショーシャンクの空に』を観て英語学習

スポンサーリンク
目次

作品概要

無実の罪で刑務所に入れられた青年とその周囲の人々とのヒューマンドラマ。30年におよぶ服役にも挫けず希望を抱き続けた男の物語。

原題は「THE SHAWSHANK REDEMPTIONですが、”Redemption”は、「贖罪」(罪を贖うこと) という意味や、財産の「買い戻し」、債務の「償還」(返済)、といった意味です。

この映画を観るとこの言葉をタイトルにした意味があらためて胸に刻まれると思います。

原作はスティーブン・キングの中編小説『刑務所のリタ・ヘイワース』ですが、女優リタ・ヘイワースは性的魅力で人気を得ていた側面もあるため原題のタイトルから除かれたようです。

さらに邦題では ”Redemption” が削られています。日本語では「贖罪」とするより、自由をイメージする「… の空に」としたほうがタイトルとしては確かにしっくりするかもしれません…。

スティーブン・キングの小説は他にも『スタンド・バイ・ミー』、『グリーンマイル』等が映画化されています。『スタンド・バイ・ミー』はこのブログでも記事を載せています。

ご興味ある方は、英語の勉強の参考にしてください。

無実の罪で“ショーシャンク刑務所”に投獄された青年は、心に秘めた希望と持ち前の明るさで周囲を変えていく…。

典:Amazon
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる